Lizzie

ホームへ

Lizzieの導入方法
このページは okaoさんの書かれた『検討機能「Lizzle」が大幅改良』を基にして、パソコン初心者にも分かるように書いたつもりです。okaoさんには感謝申し上げます。
パソコンに慣れた方は「他AIの導入方法」にある方をご覧ください。
初心者といっても、少なくともパソコンの起動・終了、マウスの使い方、Windowsのファイル管理ソフト「エクスプローラー」の初歩的な使い方を理解していることを前提にしています。「それって何のこと?」という人は理解している人に聞くか、ネット上にたくさんある初心者講座で覚えてください。上部の検索窓に「パソコン初心者講座」と書いて検索すればたくさん出てきます。
ネット上のファイルをダウンロードするにはリンクされているファイル名をクリックして保存を選択するか、または右クリックして「対象をファイルに保存」です
基本的にWindows10を使っていることを想定して書いていますが、Windows7などその他のOSでもそんなに変わらないでしょう。

ここに書いた内容にミスがあれば掲示板でご指摘ください。できるだけ早く修正します。また、説明に用いている図の上にマウスの矢印(マウスポインタ-)を持っていくと大きい図になることがあります。


【確認】
現在Lizzieは64ビット版しかありませんから、Windowsが64ビットでないといけません。使っているパソコンのシステムが64ビットなのかどうかまず調べてください。
パソコンのシステムが 32ビットか 64ビットかを確認する方法
もし使っているパソコンが32ビットなら、あきらめて64ビットのパソコンを買いましょう。32ビットの場合、Windows10なら新規インストールすれば64ビットになりますが、もともと32ビットパソコンなのでハード的に64ビット対応ソフトが動くかどうかは分かりません。


【作業1】Leela Zero専用検討ソフト『Lizzie』のダウンロード

Lizzieの公式サイトに行ってLizzie Version 0.7.2の下の方に図のようなファイルがあります。
パソコンにGPUが有るなら Lizzie.0.7.2.Windows.x64.GPU.zipをダウンロードして保存します
パソコンにGPUが無いなら Lizzie.0.7.2.Windows.x64.CPU.zipをダウンロードして保存します
もしGPUの無い6年以上前の古いパソコンの場合、Lizzie v0.7は荷が重いかもしれません。そういう場合は、もっと下の方にあるLizzie v0.6の Assetsを開いて Lizzie.0.6.Windows.x64.CPU.zipをダウンロードするのが良いでしょう。

 画像にマウスポインタ-を乗せるとオリジナルサイズになります

※※ご自分のPCのGPUを調べる方法※※
Windowsキー(キーボードのWindowsのマークの付いたキー)と「R」キーを同時に押して、「ファイル名を指定して実行」で dxdiagと入力、[OK]またはEnterキーを押すと「DirectX診断ツール」が現れます。そのディスプレイタブにある「チップの種類」にGPUの種類名が書いてあります。
以下も参照してください。
https://www.dospara.co.jp/5info/cts_str_parts_vga
「名前」や「製造元」に AMD RADEONや NVIDIA GeForceなどと書かれていればGPUのメーカー名です。Intel(R)HD Graphics ~などと書かれていれば、GPUではなくパソコンに初めから組み込まれているグラフィック機能です。
上記の方法で調べても、自分のパソコンにGPUが搭載されているのかどうか分からないという方は「Lizzie.0.7.2.Windows.x64.CPU.zip」をダウンロードしてください。

もし、GPUの搭載されたパソコンを手に入れようとするなら、一般の家電店ではなかなか売っていないので、パソコンに詳しい人に聞くか、または「GPU付きパソコン」で検索すればたくさん出てきます。



ダウンロードするファイル名をクリックすると図のように画面下に開くか保存するかを聞いてきます。
そのまま保存すると、Cドライブのユーザーのフォルダにダウンロードされます。(この場所は後で説明します)
「保存」をクリックします。


 画像にマウスポインタ-を乗せるとオリジナルサイズになります


この図はブラウザが Microsoft Edgeの例ですが InternetExplorerも同じです。
GoogleChrome、Operaはそのままダウンロードが始まります。FireFoxは保存するかどうかの別窓が開きます。
ダウンロードが完了したらブラウザを終了します。


 画像にマウスポインタ-を乗せるとオリジナルサイズになります



【作業2】ダウンロードしたファイルの展開(解凍)
まずエクスプローラーを起動します。エクスプローラーは画面下のタスクバーにカバン型のアイコンがあります。


タスクバーに無ければ、Windowsキー(キーボードのWindowsのマークの付いたキー)と Xキーを同時に押すと現れるリストの中にあります。
そこにも無ければ左下のスタートメニューをクリックして、「Windowsシステムツール」というフォルダの中にあります。

これからダウンロードしたファイルを展開(解凍)します。


エクスプローラーを起動し、左のメニューに[ダウンロード]または[Download]があればクリックします。保存したファイルがあるはずです。
この例では「Lizzie.0.7.2.Windows.x64.GPU.zip」です。

左のメニューに[ダウンロード]または[Download]が無ければ、ダウンロードしたファイルは通常以下にあります。
[C:\ユーザー(Users)\あなたの名前\ダウンロード(Download)]フォルダの中にあります。「あなたの名前」はパソコンを購入して、初めて起動したときに設定した名前です。
順にたどっていって「Lizzie.0.7.2.Windows.x64.GPU.zip」を見つけてください。

 画像にマウスポインタ-を乗せるとオリジナルサイズになります


ダウンロードしたファイルを右クリックし、「開く」をクリックします。


 画像にマウスポインタ-を乗せるとオリジナルサイズになります


現れたフォルダ名をダブルクリックして、1つ下の層に[Lizzie]というフォルダがありますから、それをを右クリックし、「コピー」をクリックします。
コピーしたLizzieフォルダをお好きな場所に貼り付けます。例えば左のメニューの[ドキュメント]で右クリックして「貼り付け」をクリックします。

 画像にマウスポインタ-を乗せるとオリジナルサイズになります


ドキュメントを見ると[Lizzie]フォルダが保存されています。
後でこのフォルダにアクセスするので場所を覚えておいてください。

 画像にマウスポインタ-を乗せるとオリジナルサイズになります



上記の『ダウンロードしたファイルを右クリックし、「開く」』のところで、「すべて展開」にするやり方もあります。


 画像にマウスポインタ-を乗せるとオリジナルサイズになります


この図で、展開するフォルダを指定します。このままなら[ダウンロード]フォルダに展開されることになるので、展開する場所を[C:]だけにして下方の「展開」をクリックします。

 画像にマウスポインタ-を乗せるとオリジナルサイズになります


Cドライブ[Windows(C:)]を見ると[Lizzie]フォルダが保存されています。
後でこのフォルダにアクセスするので場所を覚えておいてください。

 画像にマウスポインタ-を乗せるとオリジナルサイズになります


この zipという拡張子の付いたファイルを展開するのはWindows7,8,10ならできるはずです。
もし、上記の方法で展開できない場合は、圧縮・展開(解凍)のできる無料のソフトがたくさんあります。検索して探すかパソコンに詳しい人に聞いてみましょう。


展開されたLizzieという名前のフォルダの中はこうなっています。


 画像にマウスポインタ-を乗せるとオリジナルサイズになります



【作業3】Javaのダウンロードとインストール

Javaがインストールされていないと動きませんから無料Javaのダウンロードのページに行き「無料Javaのダウンロード」ボタンをクリックしてください。
「同意して無料ダウンロードの開始」ボタンに変わるので、それをクリックするとダウンロードが始まります。



このファイルを、また使う予定があるなら保存します。
すぐインストールしたければ「実行」をクリックします。
するとインストール画面になりますから、インストールをクリックして Javaをインストールします。
Javaが正常にインストールされたら「閉じる」ボタンをクリックして終了します。

 画像にマウスポインタ-を乗せるとオリジナルサイズになります

Javaをインストールしたらパソコンを再起動します。(再起動しなくてもJavaを使えますが、念のためです)



【作業4】Lizzieの動作確認と起動
念のため、上記の[lizzie]フォルダの中の[leela-zero]フォルダにある「leelaz.exe」をダブルクリックしてみてください。何事もなく閉じれば動作する条件を満たしているので問題ありません。

もしもエラーが出たら、「最新のサポートされる Visual C++ のダウンロード 」にある「vc_redist.x64.exe」を実行して Visual C++ をインストールしてください。

 画像にマウスポインタ-を乗せるとオリジナルサイズになります

ここまでの作業が終われば、「lizzie」フォルダの中の 「lizzie.jar」を右クリックして「開く」またはダブルクリックすれば起動します。碁盤が表示されたら成功です。
いちいちこのファイルを探しに行くのも面倒なので「lizzie.jar」を右クリックして「送る」→デスクトップで、ショートカットを作成しておきます。次からはデスクトップの「lizzie.jar」から Lizzieを起動できます。



【その他】lznetwork.gzのダウンロード
Lizzieをダウンロードして解凍したフォルダの中に「liziie.jar」と並んで「lznetwork.gz」というファイルがあります。
Lizzieはディープラーニング技術を使用していて、このファイルは常に更新されLizzieが強くなっていきます。
よって、時々は最新のファイルをチェックしましょう。こちらのページです。

このページには図のように開発されたファイルがたくさん書いてあります。日付の次にランダムなアルファベットがあります。その一番新しいものをダウンロードしてください。
この図では「2019/10/15 0d2694c5」ですね。
ダウンロードしたファイルは非常に長い名前になっているので、それを右クリックして「名前の変更」を選び、「lznetwork.gz」という名前に変更します。
それをlizzie.jarのあるフォルダの中にコピーまたは移動してください。先にある同名のlznetwork.gzは削除するか上書きしてください。



【使い方】

Lizzieが起動するとしばらくしてから碁盤に石が現れ、分析中になりますのでスペースキーを押して止めます。
その後は Nキーを押して対局するか、Oキーで棋譜(SGFファイル)を読み込んで局面の検討ができます。検討したい局面でスペースキーを押すと次の手を勝率の付いた石で示してくれます。いろいろやってみてください。
分析中に表示される碁石の数字は上が勝率、下が分析回数です。青い石がLizzieの推奨する手ですね。

 画像にマウスポインタ-を乗せるとオリジナルサイズになります


上部メニューの「エンジン」でkatagoを選択すると、分析中の碁石の数字が3つあります。一番下が目数差です。さらに下部メニューの「katago形勢」をクリックすると双方の勢力圏が表示されます。
(CPUのみのパソコンでは、最初の起動に長時間かかります。画面が15分以上動かなくても待っていてください。次回からはそれほど時間はかかりません。)

katagoを中国ルールから日本ルールに変更するなら Lizzieフォルダにある「katago-gtp10.cfg」をテキストエディター(またはメモ帳)で開いて「# Rules---」の項目を表のように書き直します。そして対局のコミ設定も6.5目としてください。
なお、検証した結果からみると、Katagoが日本ルールを正しく判断しているかどうか自信が持てなくなってきました。しばらく様子を見たいと思います。
変更前変更後
# koRule = SIMPLEkoRule = SIMPLE
koRule = POSITIONAL# koRule = POSITIONAL
scoringRule = AREA# scoringRule = AREA
# scoringRule = TERRITORYscoringRule = TERRITORY


分析中で表示される石の色は分析回数順に 青>緑>橙>桃>黄>赤 となっているようです。たいていは勝率順になります。数字は上が勝率、下が分析回数です。探索の結果、最善手(best move)は赤丸で囲まれます。

バージョン0.7となってLizzieは日本語対応となりました。上下にメニューも付き、より使いやすくなっています。

現在、分かっているコマンドを別表にしました。参考にしてください。
また、ここ「囲碁やら何やら」の「質問掲示板」にも使い方などの情報提供をしていきます。


※※修正・追記(Nov. 11, 2019)※※