大小 Sic Bo

1、はじめに

 ダイスを使う賭博は人類の文明史と共に存在した。古来さまざまなダイスゲームが登場したが、ダイス3つを使う賭博は日本のキツネチョボをはじめ、東南アジアで多く遊ばれ、さまざまなゲームがある。大小もこれらから派生したもので、アジアのみならずヨーロッパやアメリカに渡って各国で独自に発達した。名称もさまざまで、アジアでは大小(ターサイ)、英語名ではシック・ボー(Sic Bo)、またアメリカではミシシッピー川を運行する船上カジノでチャカラック(Chuck-A-Luck)と呼ばれた。
 現代のカジノではマカオの大小が基本となり、韓国、オーストラリアなど各国で独自の工夫と改良が加えられている。

<大小のテーブルレイアウト>
 図は韓国式のテーブルレイアウト。テーブル面はアクリル版でできており、
 勝負がつくと勝った部分が下からの照明で明るくなるのでどこが勝ったのか
 即座に分かる。

2、基本ルール

 3つのダイスを振って出る目は全部で216通りある。このゲームではそれらの出目に対して何種類もの賭け方があるが、テーブルレイアウトに賭ける場所の配当率が書いてあるので分かりやすい。ダイス3つの合計が大きいか(11〜17)小さいか(4〜10)に賭けるのが基本であり、これがゲーム名の由来である。ただし大・小に賭けて3つとも同じ目の場合(6/216)は負けるから、その分がカジノの控除分(ハウスアドバンテージ)となる。
 その他の賭け方にはゾロ目に賭けるもの、合計数に賭けるもの、1〜6のどの目が出るかに賭けるものなど多くのバリエーションがあるが、大・小、偶数・奇数に賭ける以外は控除率が悪いのでメインに賭けるべきではない。

3、賭け方の種類と控除率

 以下に、韓国式、マカオ式、オーストラリア(豪州)式の賭け方とそれに対するカジノの控除率を表にまとめた。
賭け方勝ち目の数
(216通り中)
マカオ式韓国式豪州式
配当控除率配当控除率配当控除率
大・小それぞれ105通り1対12.78%1対12.78%1対12.78%
トリプル(3つとも同じ目)1通り1対15030.09%1対15030.09%1対18016.20%
トリプルのどれか6通り1対2430.55%1対2430.55%1対3111.11%
ダブル(2つが同じ目)16通り1対833.30%1対833.30%1対1111.11%
合計4と17それぞれ3通り1対5522.22%1対5029.17%1対6212.50%
合計5と16それぞれ6通り1対2041.67%1対3013.89%1対3111.11%
合計6と15それぞれ10通り1対1525.92%1対1812.03%1対1812.03%
合計7と14それぞれ15通り1対129.72%1対132.78%1対129.72%
合計8と13それぞれ21通り1対812.50%1対812.50%1対812.50%
合計9と12それぞれ25通り1対618.98%1対618.98%1対77.40%
合計10と11それぞれ27通り1対612.50%1対612.50%1対612.50%
2つのダイスの組み合わせ30通り1対516.67%1対516.67%1対62.78%
3つのダイスの組み合わせ24通り1対711.11%
1〜6の目どれか91通り1対1*17.40%1対1*17.40%1対1*23.24%
 *1:1つのダイスが出た場合の配当、2つのダイスの場合は1対2、3つのダイスの場合は1対3
 *2:1つのダイスが出た場合の配当、2つのダイスの場合は1対2、3つのダイスの場合は1対12


4、勝つための考え方

 上の表にあるように、賭け方によってカジノの控除率が大きく変化する。また国によっても控除率はかなり違う。したがって賭けるとしたら、大・小または偶数・奇数、韓国の7と14、豪州の2つのダイスの組み合わせなど、控除率のできるだけ低い賭け方を選ぶべきであろう。



カジノゲームメニューへ