N氏のラスベガスポーカー

私のポーカー仲間は数多いが、ラスベガスまで行ってポーカーをやるという若い人はまだ少ない。
その少ない中の1人、N氏は一度行ったら最低2週間はポーカールームに入り浸るという剛の者でもある。

体型とは裏腹にさわやかな人柄で、いっしょに遊んでいると楽しいので、私が行くときはよく誘って向こうでおちあってもいる。
ただし、他のカジノゲームを同じテーブルで遊ぶと、なぜか彼だけが勝って私はボロ負けになる。。という状態が3度続いたので、もう彼とはポーカーテーブル以外では同じテーブルにつかないと宣言してしまった。(笑)

前置きが長くなったが、以下は彼から寄せられた体験記である。
(これを読んでいる皆さまの中に、カジノの体験記を書いてくださる方がおられましたらメールください。掲載させていただきます)

「$6000とニアミス!」

テキサスホールデムをやっていて、待ちに待った私の手はAA!!!
素直にプリフロップでレイズ。リレイズが入ってもさらにレイズ。
しかし残ったプレーヤーは5人というわけのわからないルーズなテーブルだ。

フロップは A−K−K
私のレイズにほかの4人もコールという、おいしい状況。

ターンでQが入りA−K−K−Q
さすがにここのレイズで残ったのは1人。

さてリバーは・・・なんとK

興奮していた私は、とりあえずレイズ、残った1人はコールで、もちろんおいしいポットを頂いたのであった。
・・・・・
めでたしめでたし・・・


と言うわけには行かない。

ターンで降りた人がボソッと小声で友達と話している。
「K持ってたんだ、バッドビートだったね」

そう、このカジノではポケットAAのフルハウスはバッドビートの対象で、彼がターンをコールしていたら、ジャックポットが私の手に・・・

電光掲示板を確認すると$12000・・・

説明すると、このカジノの場合テーブルに8人いたと仮定して$12000だと
バッドビートの敗者に50%の$6000
勝者に25%の$3000
残りの$3000は他のプレーヤーで山分けで6人各自$500となる。


すれ違ったパイロットの微笑が見えるほどのニアミスであった。(;;)



戻る